トップ 最新 追記

日 々 の 過 ち


2003|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|

2004-10-02-Sat 電子的気象予報官着任。

_ こんなのを買ってみた。

BAROMETER

なにこれ?と思うアナタ。アナタは時代に乗り遅れています。

これこそが今世紀のNASAの技術の粋を尽くした、電子式気象予報官なのであります。

 

すごーい。(←平坦に発音)

 

まぁ、なんつー事はない。デジタル式の気温・湿度・気圧計なのだ。ついでにオマケ機能?として、天気予報機能も付いているのだ。

なんに使うかってーと、例によってバイクのレース。

マシンのセッティング(キャブレターセッティング)をするに当たって、気温・湿度・気圧のデータは非常に重要なのである。

これと同等の機能を持った品で「ウェザーメッセ」と言うモノが有って、これは2輪のレーサーの間では割とメジャーなモノなんだけど、値段が2万数千円と結構高い。なもんで今まで原始的な湿乾計とアナログの気圧計を使ってたのだ。

しかしこれが先日、揃ってブチ壊れてしまいまして。乾湿計はともかく気圧計はアナログの針式のヤツでも5〜6千円するんだよね。気圧計は狂いやすいし、この際ウェザーメッセを買おうかなぁ、と思っていたんだけど、たまたまココでコレを発見。ポチッとな、と思わず購入ボタンを押してしまったのであった。

これを使ったからと言ってタイムアップするワケじゃないけど、なんとなく使うのが楽しみだったりする、今日のオレなのだった。

 

 

雨のレースが得意なオレとしては、レースの時に雨を降らせたい場合には、この電子式気象予報官にプレッシャーを掛ければいいのかしら…?

雨を降らせないと命はないぞ、とか。


2004-10-03-Sun けいこく。けいこく。

_ 妙にツボった。

特に9が好きかも。

 

_ 最強ロック(非音楽)として名高い

クリプトナイトなんだけど、こんなヤバイ弱点があったらしい。

ヤバヤバ。ヤバ過ぎ。

幸いにしてオレはクリプトナイトは使ってないんだけど、使っている人は注意した方が良いナリよ。

 


2004-10-13-Wed 気持ちの整理を付けなければ…。

_ 書くべきか否かと随分迷ったけど、

やっぱり書いておこうと思う。

自分の気持ちを整理する意味でも。

 

友人であるEさんが、先日亡くなった。

訃報を聞いたときにはにわかに信じられず、現実感が全く無く。

ただ、その事実が、頭の中を通り抜けていった。

 

体調があまり良くないとは本人の口からも聞いていたけれど、夏のイベントでは元気な顔を見せていたし、まさかこんな事になろうとは……。

 

今なお、信じられない。

 

でも、冬のイベントに彼が現れることは無い。それだけは悲しい事実。

 

友人として、彼が生きてきた痕跡を、何らかの形で残していこう。

泣くのではなく、笑っていこう。

それが彼へのはなむけになるのならば。

 

 

心よりご冥福をお祈り致します。

 


2004-10-18-Mon 久しぶりのツーリング

_ 昨日一昨日と

画像の説明

会津方面にツーリングに行ってきたですよ。

バイクに乗り始めて10年以上経つけど、泊まりがけのツーリングは初めてだったりする。

これって初体験?キャッ。

 

いつもレースの時にヘルプしてくれるsmakiさんのお誘いで、彼の所属しているクラブのツーリングにご一緒させて頂いたってワケなのだ。

東京を出発して関越道を北上、塩沢石打より新潟方面経由で会津で一泊。

帰りは周辺ワインディングを堪能しつつ、東北道で帰京するというルート。

2日間のトータルで740km程だった。

 

ホントは自分のバイク(CB900F)で行きたかったんだけど、充電系トラブルにより出走不能。

仕方がないので、会社からカワサキのZ1000を奪取しての参加となった。

なんで会社にZ1000があるのかはトップシークレットなのだ。(なら書くなよ)

 

1日目は気温10度!とかで「寒い寒い」を連発していたんだけど、2日目は20度近くまで気温が上がり、極めてツーリング日和。

2日間ともワインディング多数のルートで、久しぶりに峠を堪能したってカンジ。楽しかったっすー。

 

_ それにしても

画像の説明

総勢16台のツーリングはなかなか迫力があったなぁ。

写真は「ワインディング前の小休止」ってトコ。

 

_ そうそう、

重大なことを書き忘れるところだった。

泊まった宿、なんと混浴露天風呂だったのだ。いやーん、ドキドキ。

 

でも、その恩恵に預かることは無かったのだった。……がっくし。

 

長くなってしまったので、Z1000のインプレはまた今度〜。

 

 

しかし、やっぱりバイクはいいなぁ。


2004-10-22-Fri あしたはれんしゅう。

_ 気合い入れるぜぇー。

吹っ飛ばないように気を付けるぜぇー。

 

 

頑張ってきますです。はい。