トップ 追記

日 々 の 過 ち


2003|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|

2018-05-27-Sun 謎のRSヘッド

_ [バイク] 随分前に

お世話になっていたベテランメカさんより頂いたコレ。

画像の説明

謎のRSシリンダーヘッドです。

900ベースに見えますが、ポートは900よりも大きく、1100ともちょっと形状が違います。

画像の説明

燃焼室は900よりも小さいですね。

画像の説明

使おうかと思っていたんですが、今回は保留。手持ちの900ベースを加工して使おうと思います。

コイツはいつの日か、本気の入魂エンジンを組む時に使いましょー。

 

ヘッドと言えば、ビッグバルブも試してみたいんですよね。バランス的にはINだけでいいかな。INもEXもデカくすると、オーバーラップ時の干渉がちと心配だし。

流用バルブ改造でステム径も細くしたい。バルブを交換するのなら、750ベースでOKだな。

これは次の次のエンジンでやりたいねー。

 


2018-05-26-Sat 開けた結果。

_ [バイク] エンジンを開けて

みました。

 

画像の説明

画像の説明

うほほほ(涙)

 

予想の範疇ですけど、やっぱり痺れますな。

バルブが落ちて燃焼室内で暴れまくりです。

シリンダーヘッドダメ、ピストンダメ、シリンダースリーブダメ。

まぁ仕方ない。

ヘッドは手持ちのもので作り直し。ピストンも手持ちの中古で。スリーブは打ち換えで。

腰下は問題なさそうなので幸いでした。

壊れたのは2番だったけど、他の気筒もEXバルブはガッツリヒットしてますね。

画像の説明

 

んじゃ、地道にやりますか。

 


2018-05-25-Fri ドキドキ。

_ [バイク] 明日はブローした

エンジンをバラします。

いや〜、ドキドキすんねー。

 


2018-05-24-Thu みんなが

_ [レース] 走行写真とか

動画とかをアップしていて悔しいので、一年前の写真を上げてみます。

画像の説明

うん、やっぱり悔しいぞ。当日より悔しいかも。

 


2018-05-23-Wed フルコンは捨て難いが

_ [バイク] シゴトしながら?

点火系の仕様検討をしていますが…。

ひとまずウオタニかなぁ。

・レブリミッター追加は面白みがない。

・評判のよいウオタニは一度使ってみたい。点火カーブはちと気に入らないけど。

・最終的にはフルコンに行きたいけど、初期コストが高いので余裕が出来てからか(いつだ?)

 

まずはエンジン直さないとね。7月15日のIron Horse Dream Cup走行会に間に合わせなくては。

 


2018-05-22-Tue 対策

_ [バイク] 流石にちょっと

疲れ気味みたいです。

そんな中でも、妄想は進みます。

 

オーバーレブでエンジンを壊してしまったので、対策をせねばなりません。今の点火系ですが、CBR600F3流用で13300rpmレブカットです。ええ、意味なしです。

 

1) DYNATEKの後付レブリミッター(DRL-300)を付ける。

→付けている例を知らないのでちと不安。

2) ウオタニのCB750(RC42)用点火系に交換。

→点火カーブがイマイチ気に入らない。

3) いっそのこと4輪用フルコン(Link)を導入。

→機能を考えたら安いんだけど、でも高価。燃料噴射なんて使わないし。。。

 

筑波から帰りながら妄想してきたんですが、まだ決めかねてます。

疲れた頭では「よし、Linkで先駆者になるぜ!」とか思ってましたけど、冷静になるとどーしよーかなーと。

うーん、どうしよ。

 


2018-05-21-Mon 無事に帰宅。

_ [レース] 昨日は

16:38にツクバを出発しまして、途中3時間ちょっと仮眠したり、SAで眺めの休憩を取ったりのスローペースで進み。

結局、帰宅は12:39。所要時間は20:01、走行距離は1273.5kmでした。

いつもはレース後のハイテンションで帰宅するのであまり疲れないんですが、今回はアレだったので、なんだか疲れました。。。

ま、無事に帰宅できたからヨシとしましょう。

 

_ [クルマ] そうそう、出る前に

取り付けたスピーカー。なかなかヨイです。往復で30時間以上鳴らしてすっかりナラシも終えたようで、立体感のある音を出してくれます。イコライザーを調整したらなおヨシで、かなりのお気に入りになりました。

 


2018-05-20-Sun 皐月の陣 MONSTER Evo

_ [レース] 本日日曜日は

自分が出る予定だった、MONSTER Evolutionのレースです。

実はこのレース、無理をすれば出られたレースでした。MONSTERのみにエントリーしているチームメイトのタケさんが、土曜日のレース後にエンジンを降ろして貸してもいい、と言ってくれたのです。

正直、かなり悩みました。出たかったです。

でも、最終的には、やっぱり止めました。

 

草レースとはいえ、レースはレースです。一つ間違えれば簡単に命を落とす遊びです。

草レースだからこそ、万全な体制じゃなくては走るべきでないと思っています。

貸してもらうエンジンを疑っているわけじゃないんです。でも、今まで自分で走ったことがないエンジンであり、なおかつ電気系統も違うので、正直言って何が起こるか全くわかりません。少なくともフリー走行が1本でもあれば別ですが、いきなり予選のブッツケ本番。

気をつけて走れば…という声もあるかもしれませんが、レースになれば間違いなく行けるだけ行ってしまいます。

そんな状況で、自分だけならいざ知らず、一緒に走るライダーを巻き添えにしてしまったら…と考えると、やっぱり走ることは出来ませんでした。

 

そんなレースは荒れ模様の展開。

4周目で転倒した2位のマシンがトップのマシンに接触。2台は絡み合って大クラッシュ。トップのライダーは入院してしまいました。

しかもレースはその時点で成立、終了となってしまい、12周の決勝レースはわずか3周で終わってしまいました。

Taste of Tsukubaのローカルルール適用らしいんですが、スケジュールが押しているわけでもなかったのに、筑波サーキットの意図が全くわかりませんでした。

筑波サーキット側の姿勢に疑問を感じることは多いですが、それを一層強くした事件でしたね。昨日のモンスターの予選と言い、そもそも土日のクラス分け&タイムスケジュールと言い、エントラントの方を向いているとはとても思えない。不公平感極まりないです。

デモランなどの各種イベントをやるのもいいけど、肝心のレースが蔑ろにされていないか?誰のためのレースだ?そんなことを強く、強く思います。

本当ならこんな主催者のレースには参加したくないんですが、レースそのものにはどうしても出たいので、フラストレーションが溜まる一方です。

あまりに腹が立つので、意見書を筑波サーキットに送ろうと思っています。

 


2018-05-19-Sat 皐月の陣 MONSTER

_ [レース] レースはDNS(Do Not Start)に

なってしまったので、今日はチームメイトのタケさんのフォローです。

昨年は特スポでのエンジンブローで走れなかったタケさんですが、今回は万全?マシンは調子良さそう?

ただ、2年ぶりのブランクのせいか、走りにはいまひとつ精彩を欠き…。

予選は通過してA決勝には残ったものの、満足行く結果ではなかったようです。

お互い、次回はリベンジしましょう!

 

今回のMONSTERクラス。朝方まで残った雨の影響で、予選開始時はウェットパッチが残る路面状況でした。

MONSTERは参加台数が多いので、予選もA組、B組と2組に分かれて行われます。参加者の持ちタイムも相当に差が有るということで、前回レースの結果ベースで速いライダーがA組、それ以外がB組となっています。

そこで問題になったのが今回の予選。

コースコンディションが異なるという判断で、総合の順位はA組、B組の上位から交互に振り分けたんです。

1位:A組1位、2位:B組1位、3位:A組2位、4位:B組2位…という感じ。

となると、A組のライダーが圧倒的に不利でして、こんな結果です。

画像の説明

こりゃないんじゃないの?という結果ですね。A組は可哀想です。コースコンディションは3秒も差が出るほどの違いはなかったですよ。

そもそもA組、B組を速い遅いで分けるのが間違っているんですよ。ツクバはこれを反省し、次回は何かしらの対応を打って欲しいですね。(きっとやらないだろうけど)

 


2018-05-18-Fri エンジンブロー

_ [レース] 昨日の1本だけの

走行で、エンジンを壊してしまいました。

2ヘア立上りの2速から3速へのシフトアップでミッションが入らず、ニュートラル状態でオーバーレブ。バルブサージングによって、バルブとピストンがクラッシュ。2番気筒が死にました。

ピットに戻ってキャブを外すと、バルブガイドの破片がポロリ。プラグも抜けません。どーにもなりません。

 

今日は特別スポーツ走行の予定だったんですが、当然走れず。チームメイトのサポートをしていました。

半年かけて準備してきて、1300km走って辿り着いて…何をやっているんだか。もう悔しいやら情けないやら。

でも、これがレースです。

HSRの走行でも何回か同じようにミッションが入らずにオーバーレブしてしまうことがありました。その時は運良く壊れなかったんですが、対策をせずに放置したツケですね。一歩間違えればこんなことになることはわかっていたのに、見て見ぬ振りをした結果がコレです。

すべて自分の責任。言い訳無し。反省。

画像の説明